2009年11月29日

講演会、こぼれ話 1

「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない

レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」という
本について調べていたら、出てきた言葉です

先日赤峰さんの講演会後に
ふたりっきりで話す時間が幸運にもありまして・・

そのときに、赤峰さんに色々とお話を聞きました
赤峰さんは何度も
「植物を種から育てて、その過程をずっと見てみることじゃ。
わかるかもしれんし、わからんかもしれんがのお~」
と、しきりに話されていました。

そして、その内容がすべてこの一言に集約されてると
今日わかりました

赤峰さんは、まさにセンスオブワンダー
(=神秘さや不思議さに目を見張る感性)」
あらためて思った

はぁ~、すっきりした。

健康玄米弁当の店 おそうじごはん  綾でした



Posted by 循環農法&玄米食人 宮崎なずなの会 at 04:33│Comments(2)
この記事へのコメント
先日は、お疲れ様でした!
とても勉強になりました。ありがとうございました。

その言葉がすごくわかります。
私も、本で読んだ事が 畑で「なるほど!」って
分かる事が山ほどありました。
その時、すべての意味が初めて理解でき
体に入ってきた感じがしました。
Posted by フナヤンフナヤン at 2009年11月29日 07:19
「Don't Think. Feel!(考えるな、感じろ!)」
アチョョョョーっ!!
ブルースリーってことですよね~
Posted by 健康玄米弁当の店「おそうじごはん」健康玄米弁当の店「おそうじごはん」 at 2009年11月29日 14:00
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
講演会、こぼれ話 1
    コメント(2)